中葛西歯科

診療案内|中葛西・葛西駅の歯医者|中葛西歯科

ご予約・お問い合わせ 03-3680-9111

無料通話

0120-65-9112

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西5-13-5 1F~2F

診療案内

一般的な歯科診療

当院では、患者さまの負担を少なくするため、通院回数を減らすことを心がけています。例えば、虫歯治療は一箇所ずつ行うのではなく、数箇所まとめて行うことで、全体の治療回数を少なくしています。

もっと見る

ただし、治療内容によっては、通院回数を少なくすることが難しい場合もあります。例えば、根管治療です。根管治療は、歯の神経にまで達した虫歯の治療です。感染した歯の神経を除去し、根管内を消毒・密封し、かぶせ物を取り付けます。消毒は数回に分けて行う必要があるため、再発のリスクを軽減するために、この工程はどうしても短縮することはできません。そのため、神経にまで達した虫歯を治療する際は、ある程度回数がかかることを、あらかじめご了承ください。

小児歯科

虫歯治療が怖いというお子さまはめずらしくありません。当院では、できるだけお子さまを怖がらせないように、無理な治療は行わないようにしています。まずは、歯科医院の環境に慣れるよう、トレーニングから始めます。

もっと見る

お子さまに行うトレーニングとは、治療器具や診療室に慣れていただくためのものです。歯科医院に親しみを持ってもらえるように、まずは治療器具から水や風が出るのをお見せします。実際の治療は、お子さまが落ち着いて診療台に座れるようになってからスタートです。治療中は、少しでもリラックスしてもらえるよう、しっかりとコミュニケーションを取ることを心がけています。

また、当院の1階と2階にはキッズスペースがございます。お子さまが退屈しないように設備を整えていますので、お子さまにとって通いやすい歯科医院をお探しの方は、ぜひ当院をご利用ください。

予防歯科

虫歯・歯周病予防には、毎日のケアと定期的な歯科検診が欠かせません。当院では通常、半年に1回のメンテナンスの受診をおすすめしています。お口の状態によっては、もう少し早い頻度でお越しいただくこともあります。

もっと見る

定期検診では、まずはお口の中をチェックして、汚れがある場合は歯科医師が歯石除去を行います。メンテナンスに関わる処置は自由診療で高額になるのではないか、と受診を迷われている方もいらっしゃるかと思いますが、歯周病の傾向がある方の歯石除去は保険が適用されますので、遠慮なくお越しください。また、毎日のケア方法についてもアドバイスいたしますので、正しい歯磨き方法を知りたいという方はご相談ください。

歯周病

お口のケアが不十分だと、歯と歯ぐきの間に歯垢が溜まり、歯肉炎が起こりやすくなります。歯肉炎は歯周病の始まりです。放っておくと歯周組織が溶かされていき、最終的には、歯を抜かなくてはいけなくなります。

もっと見る

歯周病治療には、ブラッシング指導、歯石除去、クリーニング、外科的治療などがあります。これらの処置は全て保険適用です。

ブラッシング指導では、正しい歯磨きの仕方をレクチャーします。また、必要に応じて歯間ブラシやフロスの使い方もご説明します。

歯石除去では、スケーラーという器具を使い、お口に溜まった歯石を取り除いていきます。歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが深いほど、歯石を取るのに時間がかかります。

クリーニングは、歯周基本検査やレントゲン撮影などを行い、歯周病と診断された方に適用されます。通常、ある程度の間隔を置いて4~5回行います。

外科的治療では、歯石が歯周ポケットの深いところまで入り込んでいる場合に、歯肉を切り開いて汚れを除去します。

審美治療

銀歯やレジンの修復物を自然な色に替えたいという方には、セミラック治療がおすすめです。当院では、詰め物はオールセラミック、かぶせ物はオールセラミック、メタルボンド、ジルコニアセラミックを扱っています。

もっと見る

歯の見た目を改善するための処置として、当院ではクイッククリーニングとホワイトニングを行っています。

クイッククリーニングは、その名の通り、1回の通院でお口全体をお掃除するクリーニングです。超音波スケーラーやエアフローを使い、歯石や着色汚れをきれいに取り除きます。

ホワイトニングは、薬剤を使って歯を漂白する処置です。まずは、薬剤から守るために歯ぐきをコーティングし、歯に薬剤を塗布します。その状態で光を照射し、化学反応によって歯の漂白を行います。当院は、未認可の薬剤は使用しない方針です。そのため、ホワイトニングにおいても認可を受けたホワイトニングシステムのみを採用し、リスクの少ない施術をご提供しています。

親知らず

親知らずは第三大臼歯(8番)とも呼ばれ、最後に生えてくる奥歯のことです。現代人の顎や歯は退化して小さくなってきているため、中には親知らずが1、2本生えてこない方や、4本とも生えない方もいます。

もっと見る

当院では、親知らずの抜歯処置に対応しています。親知らずが虫歯や歯周病になっていたり、周りの歯並びを悪化させたりしている場合は、お口全体の健康を保つため、抜歯をご検討ください。また、年齢を重ねてから親知らずを抜こうとすると、患者さまの負担が大きくなることもあるので、トラブルの元となるような生え方をしている親知らずは早めに抜いておきましょう。

抜歯を行う際は、しっかりと麻酔を行い、術後に痛みが出たときに服用できるよう、痛み止めを処方します。まずは、親知らずの抜歯が必要かどうか診断し、当院で対応が可能か判断します。お気軽にご相談ください。